きみひこ荘

【竹内公子】TAKEUCHI Kimiko

シェアハウスのオーナー。一応童顔の眼鏡っ子。元高校球児。昭和生まれのモテない24歳。おじは『くだもの生活100』に出てくる斉藤孝宏。得体の知れない親戚(おじさん。本名不明)がいる。

周囲の人間に散々振り回され、半ば強制的に突っ込み役をやらされながらも、それなりに人生を楽しんでいる。

【有坂フランシス】ARISAKA Francis

きみひこ荘の住人。そこそこ若い美人。孝宏の良きカマ友。趣味は料理。英語が得意そうに見えて実は下手くそなハーフ。ワケあって、お水の世界からは足を洗ったらしい。

【綿引達臣】WATAHIKI Tatsuomi

きみひこ荘の住人。口は悪いがこれでもセレブのお坊ちゃん。通称「タッちゃん」。女装してもどこか男っぽいカードゲームオタク。オネエキャラのまんま大学へ通っているらしい。

【竹内花南】TAKEUCHI Kanan

公子の父方のおば。ゴシックファッションと酒が好き(でも禁酒中)。一児(つばめ)の母で、現在は夫とモメていて別居中。割と高齢出産。アパートがきみひこ荘の近所にある。

【柿原万莉絵】KAKIHARA Marie

有坂や綿引よりも後に入居してきた、アラサーのキャリアウーマン。顔はあまり良くない。仕事ばっかりであまり帰って来ない。弟の千里(『ノーマルじゃねぇよっ!』主人公)とは微妙な関係。


作画用設定資料