ふたふり

【大久保貢】OKUBO Mitsugu

どっからどう見てもヒロイン。若干マゾ傾向のある受け。通称「みぃ」。兼人にただならぬ想いを抱く中学三年生(初期設定)の少年。

女顔は気にしてはいるものの、兼人が気に入ってくれているのでそれ程嫌ではないらしい。学校で襲われたり女装させられたりと、確実に危ない道を歩んでいる。

【益子兼人】MASHIKO Kento

スレンダーな美人お姉さん風の容姿をしている、貢の同級生。攻めだが受けも兼ねる人。通称「兼ちゃん」。ガールズバーでは「なつめ」と名乗っている。

中学生にして、既にアレゲな方面に詳しいテクニシャン。女装とふたなりモノが大好きという所以外はいたって普通だが、嗜好が嗜好なのでさすがの貢でも引いている。

【小泉ひびき】KOIZUMI Hibiki

貢と兼人の同級生。すごく目つきが怖い女子。地味なせいなのか、クラスではあまり好かれていない。個人サイトやツイッター等を荒らして潰すのが趣味。

異性愛至上主義者。兼人にねちっこくつきまとう貢を、本気でキモい奴だと思っている。兼人の長髪も女々しくて嫌いだと言う。

【貢の兄】

実は名前の設定をしていないので、作中では終始「貢の兄」と書かれている。しかもキャラクターデザインも特にないという有様。

貢や兼人をいじめる男子からも恐れられるという、元ヤン。

今はそっち系から足を洗い、家族想いの優しい兄ちゃんに。でも飲み屋さんに行くのはやめられないらしい。

【パパさん】

極上の男とかそんな風に書かれている人。1話目からちゃんといる。貢の兄同様、名前も容姿も特に設定がない。

別にゲイでも何でもないのだが、女装した兼人を度々買っては欲を満たしている。

パパさんというのは兼人がつけたあだ名。このパパさん、妻子持ちだというのに大丈夫なのか。


作画用設定資料